Rapid Water Courses

人工カヌー場の設計と施工

人工カヌー場の設計と施工 パドルスポーツ
人工カヌー場の設計と施工 パドルスポーツ急流レスキュートレーニング 子供の頃、我々は幸運にもカヤックを経験する機会に恵まれていました。初めは上手くなかったけど、その中で生涯に渡る友情が生まれ、素晴らしい先生方にも出会い、世界中をカヤックで旅をし、自分たちの未来を形作ってきました。どうすれば次世代の人にも同じような経験を提供する事ができるでしょうか?この映像はカヤックを習いたい全ての人々の手が届く範囲に人工カヌーコース施設をどのようにして提供する事ができるかについて語ったものです。真のイノベーションはラピッドブロック人工カヌーコース障害物システムに基づいています。その多様性によって、非常にシンプルでコスト効率の良いプレキャストコンクリートチャネルを生み出す事ができます。またラピッドブロックによって素晴らしい急流を形作る事が可能となります。根本的には人工カヌーコースを再生産そして大量生産可能な製品によって作るプロセスなのです。そのために工場でプレキャストコンクリートパネルを生産し、ラピッドブロックを設置するためのレールを完成させます。工事現場作業の煩わしさから解放され、工場内で完全な品質管理を行い、可能な限り経済的な方法で製品を生産する事ができます。実質的に我々は人工カヌーコースのパッケージ化を行っているのです。一方工事現場ではチャネルを掘り、形作って行きます。完成したらプレキャストユニットを現場に運びます。天気の良い日で、一日30mの敷設が可能です。そこでプレキャストコンクリート内にあるキッカーとスターターバーを用いて壁を作ります。壁の中で使われるスチールの補強材は溶接されたメッシュシートでパネルのサイズに予めカットされています。それは簡単に設置できるものです。それからコンクリート型枠を持ち上げ、連続した壁を作るためにコンクリートを流し込みます。ラピッドブロックは回転成形され現場に運ぶ前に工場で組み立てられます。各チャネルが完成したらすぐにラピッドブロックを設置します。100mのチャネルであれば10週間で水を流すところまで準備する事が可能です。チャネルシステムの施工と並行してポンプ場の建設も行います。コンクリート部分の作業が完成したらすぐにポンプと電気設備の工事を行います。ここまでくれば後はポンプをスタートさせるだけです…..そして素晴らしい人工カヌーコースを楽しん下さい。

パドルスポーツ

人工カヌー場の設計と施工 急流レスキュートレーニング
人工カヌー場の設計と施工 急流レスキュートレーニング

急流レスキュートレーニング

刷新的なプレキャストコンクリート技術の活用

刷新的なプレキャストコンクリート技術の活用:
Registered Design 4033484
US Design Patent Pending No. 29/483,663

RapidBloc 3 Dimensional Obstacle System
Patent No. WO 2010118389 & Registered Design 4011933

コンタクト

詳細については、

Rapid Water Courses Limited
Pantheon Building,
Lancaster Road,
Dunston,
Tyne and Wear,
NE11 9JW
United Kingdom

The Rapid Water Courses team